中学受験で休みの日は朝早く起きて勉強することは有効?

夏休みや土日など、丸1日クラスがないようなときの勉強法というのは、意外に重要なものです。中学受験においては、このような日をどうやって過ごすかによって、合格の可能性が変わることも十分にあり得ます。

一般的には朝早く起きて、そこからすぐに勉強をするということが考えられるものの、それが一概に正解とは言えない場合があります。
それは朝早く起きることにはちょっとしたデメリットがあるからです。それは眠いということです。朝早く起きてすぐに勉強する場合にはこのような問題点を抱える方もいる可能性があります。そうした場合、とりあえず朝早く起きるのは良いとしても、起きてすぐに勉強をするのは避けた方が良いかもしれません。

朝起きたときは誰もが眠いと感じるかもしれませんが、しばらく時間が経つと大分眠気が消えてくるでしょう。したがって、朝食を済ませるなどして、例えば起床後1時間くらい経ってから始めると、より頭がすっきりした状態で取り組める可能性が高くなります。

同じ勉強時間でも、眠い中学習するのと眠気がない中で学習するのとでは全く変わってきますので、そういった点にも気を配って勉強をさせるようにすると良いでしょう。
休みの日などに行う中学受験の勉強では、こういったちょっとしたところにも気を配るようにしましょう。